FC2ブログ

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

昨年は仕事の多忙さにかまけて
ブログをさぼり気味でしたが
今年はもう少しアップの数を増やしていきたいと思います。

年賀状に添付しました写真の解説です。
Lの字ハウス完成1
こちらはLの字ハウスとしてアップしていた鉄骨2階建ての建物です。
計画から外構までに
1年以上かかって完成しました。



古民家再生築120年の茅葺き屋根の家完成1
こちらは
古民家再生築120年の茅葺き屋根の家として
アップしてきましたリフォームのお宅の吹き抜け部分です。

昨年はこの2件に象徴されるように
多種多様な建物を設計してきました。

今年もいろいろな新しい事に挑戦していきます。


※全ての写真はお客様の許可を得た上でアップしています。


建築のご相談お問い合わせをお受けします

お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章




東京建築行脚その4

いよいよ東京建築行脚の最終回です。

今回は代官山にある
TSUTAYAです。本屋さんです。

東京建築行脚4-1
建物と建物の間に遊歩道があり、植栽が植えてあります。

東京建築行脚4-5
かなり贅沢にゆったりと庭がつくられています。


東京建築行脚4-4
道路側にもゆとりをもって植栽が植えられています。


東京建築行脚4-3
まさに遊歩道ですが
ここは敷地内です。
散策しながら歩いていくと
レストランもあります。
後ろに見えるのがTSUTAYAです。

東京建築行脚4-2
コーヒーも庭で飲むのも気持ちが良いです。


本屋さんに本を買いに行くというより
散策ついでにお茶して、本でも見ようかという雰囲気です。

さすがは東京
こんな贅沢な本屋さんは見たことありません。

今回で
東京建築行脚は終わりですが
見るところ満載の東京
また次を期待して下さい。

建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

東京建築行脚その3

東京建築行脚の3回目です。
今回は青山、表参道周辺です。

東京建築行脚3の1
そうは言っても
メインストリートではなく
裏通り巡りです。
あるんです。
裏通りに普通にこんなのがあるんです。


東京建築行脚3の2
さすがは表参道です。普通にあります。


東京建築行脚3の3
面白い建物満載です。



東京建築行脚3の5
うーん?
これがもし
浜松に建っていたら
ただの木造安アパートですが
青山だと立派に存在感を放ちます。

東京建築行脚3の4
おまけです。
春華堂さすがにお金があります。
偶然見つけました。
表参道のメインストリートにあります。
ここに建つ必要があるのかは疑問です。
お店のデザインが悪いです。
表参道に建つデザインではないだろ。
浜松の人はセンスないと思われると悲しいです。
建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

東京建築行脚その2

東京建築行脚の2回目です。

東京建築行脚2の1
日立目白クラブです。
1928年(昭和3年)87年前に学習院の高等科寄宿舎として建設されました。
寮名を「昭和寮」と呼んでいたようです。
イギリスのイートン校の寮を規範に
アールデコ様式に通じた
現赤坂プリンスホテルの旧館を設計した
権藤要吉が設計しました。
スパニッシュ様式を取り入れた当時かなりのモダン建築であったと思われます。



東京建築行脚2の2
上の写真が事務室や食堂、談話室、娯楽室などがあり
こちらはまさに寮であったようです。
こちらは今は使われていないようです。


東京建築行脚2の3
1952年(まだ私も生まれていません)に日立が譲り受け
社員の福利厚生施設として利用されているようです。

当日は結婚式が行われていたようで
偶然、新郎新婦が記念撮影
玄関前にでてきました。
係員が撮影の為に急いで落ち葉を掃いています。

東京には
モダン建築がいっぱい残っていて

しかもしっかり保存、使用された建物が
そこかしこにあるのですね。

築後約90年ですが今見てもモダンです。


建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

東京建築行脚その1

先日、お施主様のご希望で
東京の建築巡礼の旅に
1泊2日で行ってきました。

その1は国際文化会館です。

東京建築行脚1の1
今からちょうど60年前の1955年に
日本建築界の巨匠、前川國男、坂倉準三、吉村順三の三氏の共同設計により完成しました。
こんな3人の巨匠のコラボは他には日本じゅう捜してもないと思います。

60年前、まだ私は生まれていません。
象徴的にバックには、六本木ヒルズが見えています。

東京建築行脚1の2
建物もさることながら
回遊式庭園もすばらしいです。


東京建築行脚1の3
60年前のデザインです。
時代は感じますが
古さは感じません。

東京建築行脚1の4
ファサード全体はコルビジェの影響大なので
前川國男がデザインしたと思われます。
1階部分は吉村順三かなと思います。

東京建築行脚1の5
庭園と見事に調和しています。
60年前にこのようになる事を想像できたのでしょうか?

東京には貴重な建築がたくさんある事
そして意外と公園、庭園などの緑がたくさんあることに
改めて気づかされました。


※全ての写真はお客様の許可を得た上でアップしています。
建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR