FC2ブログ

伊豆に旅行に行ってきました

もう一月以上前のことですが
日頃お世話になっている内藤材木店の旅行に行ってきました。

じつは行き先は山梨方面だったのですが
前日大雪で山梨へは全く行けない状態で
急遽伊豆に変更になりました。

内藤材木店旅行伊豆2
前日とはうって変わって晴天です。

内藤材木店旅行伊豆3
どこかで見たような・・・・
エスパルスドリームプラザです。
何年も清水に通っていたのに
中に入ったのは初めてです。

内藤材木店旅行伊豆4
久能山東照宮です。
こちらもいつ行ったか記憶はありません。
おそらく小学校くらいで行っているはずですが?
日光は何年か前に行っているのに
地元なのに行っていない。
清水に散々通っていても
あんがい行ったことないところが多いです。
そういえば私はまだ富士山にも登ったことがありません。


内藤材木店旅行伊豆5
韮山反射炉です。
世界遺産に成れるのか?
意外と小さいです。

内藤材木店旅行伊豆6
その反射炉を考えた江川英龍の自邸です。
これは見ごたえあります。
こちらのほうが世界遺産級です。

内藤材木店旅行伊豆7
江川邸に生えている樹木
なんだか分かりますか?

内藤材木店旅行伊豆8
毘欄樹という木だそうですが
またの名を博打の木と言うそうです。
由来は樹皮がきれいに剥ぎ取られたように落ちてしまうようで
身包みはがされるという事のようです。

そういえば気賀幼稚園の隣の細江神社にも
この木があったのを思い出しました。

今回は大雪の為に
灯台元暗しを気づかされる旅行でした。

建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

社員旅行に同行させてもらいました その2

引き続き甲静ハウジングさんの社員旅行の話です。

13年甲静ハウジング旅行9
石山寺の多宝塔。国宝です。平成23年に屋根の桧皮葺きを大修理したようで
とてもきれいになっています。
私から見るとウェストが少し細すぎるかなと思いますが
解説には見事なプロポーションと書いてありました。

13年甲静ハウジング旅行10
むしろこのアングルの木組みは見事です。
社寺仏閣には良くある木組みですが
さすが国宝、日本建築の美です。



13年甲静ハウジング旅行11
伏見稲荷大社です。
商売繁盛願ってきました。
神頼みするのは他力本願で嫌いですが
ここはせっかくきたので
心を込めてお願いしてきました。



13年甲静ハウジング旅行12
TVロケやCMに良く使われるようです。
誰もがどこかで見たなと思うはずです。
人が入らない瞬間を苦労して撮りましたが
むしろ人がいないと
ただの観光写真で面白くない事に
この写真を見て気づきました。




13年甲静ハウジング旅行20
大原三千院です。
紅葉の季節が有名ですが
新緑も悪くはないです。



13年甲静ハウジング旅行17
お寺の縁の下を見ただけで
誰もがわかる建築は
日本ひろしと言えどもここだけだと思います。
言わずと知れた清水寺です。



13年甲静ハウジング旅行14
修学旅行シーズンと重なり
人、人、人です。



13年甲静ハウジング旅行16
こんなに本堂の中を見てくれないお寺も
他にはないかと思います。
皆さん登ってくると
すぐに景色を見て満足して
そのまま下に下りて行ってしまいます。


13年甲静ハウジング旅行18
1日目の昼食です。
石山寺門前の洗心寮の近江牛と湯葉の牛鍋会席です。
豪華な昼食です。



13年甲静ハウジング旅行19
こちらは2日目の昼食です。
清水寺参道にある日月庵の湯豆腐会席です。
田楽を撮ったら、湯豆腐がカメラにおさまりませんでした。


今回の旅行は
見てよし、食べてよし、泊まってよし本当に3拍子そろった
大満足の旅行でした。

甲静ハウジングさんありがとうございました。



建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

社員旅行に同行させてもらいました その1

日頃お世話になっております
甲静ハウジングさんの社員旅行に行って来ました。
行き先は京都です。

今回は内容盛り沢山なので
2回に分けてアップします。

今回は行った先々は後回しで、宿泊施設を先に紹介します。
設計者の目でみると興味深いところがたくさんあります。

13年甲静ハウジング旅行1
エントランス周りです。
贅沢な車寄せです。
噴水はガラス板を幾重にも重ねて作られています。

13年甲静ハウジング旅行2
反対側から見たところです。
宿泊棟が左右に分かれてあります。

13年甲静ハウジング旅行3
エントランス入口から外を見たところです。
低く抑えた深い軒と
噴水の向うには山々が連なります。
このアングルは宿泊客は帰りに見ることになります。
プロポーションとバランスがとても気持ち良いです。

13年甲静ハウジング旅行5
エントランスに入ると
ロビーまで長い長いアプローチが続きます。
このアングルは帰る時のアングルです。
ガラスの向うは水盤が続き
その向うに木々が整然と並びます。

まるで現実から別世界に誘う廊下のようです。雑事をしばし忘れて
休暇に来たんだなと思わせます。



13年甲静ハウジング旅行4
長いエントランスを抜けるとロビーに出ます。
エントランス、アプローチを低く低く抑えて抑えて
そこを抜けるとどーんと天井が高いロビーに出ます。
この演出がたまらないです。

13年甲静ハウジング旅行6
そしてそのまま前進すると、この光景が広がります。
良く見ると、両サイドに宿泊棟がありますが
ほとんど樹木で隠れています。
心憎い演出です。
遠方には京都市街があるのですがほぼ山しか見えません。


13年甲静ハウジング旅行7
ロビーからの廊下がまた豪華です。
スポットライトが壁の彫金にあたり反射光が廊下を照らします。

いたるところに演出が施されています。
当然、自分もこれくらいの設計をやってみたいと思って見ています。
そんなホテルはどこですか?





13年甲静ハウジング旅行8
八瀬離宮でした。

今回は
宿を最初に紹介しました。

続く・・・


建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

もみの木のふるさとを訪ねて

もう2ヶ月も前になりますが
日頃お世話になっています内藤材木店の方と一緒に
もみの木のふるさと
宮崎に行って来ました。

もみの木のふるさと2
森の中の幼稚園の遊戯室は
地元の新月伐採の天竜杉を使いました。

樅の木のふるさと1
こちらはあずかり保育室ですが
床にもみの木を使っています。
園児を時間延長であずかる部屋です。
お昼寝を床の上ですることもある為
あえて樅の木を使いました。
空気環境を良くしてくれます。
ドイツではもみの木から抽出されるモミ製油は風邪薬、入浴剤などに使われているそうです。
日本ではかまぼこの板や神社の絵馬に使われているそうです。
詳しくは日本ISJ研究所のHPまで

樅の木のふるさと3
ドイツもみが輸入されてここ宮崎に入ります。

樅の木のふるさと4
ここの製材工場で製材されます。
やはり天然乾燥です。
手間ひま掛けます。

樅の木のふるさと5
この製材所の事務所兼ショールームです。
もみに木の面白い使い方です。
壁に積み上げています。

樅の木のふるさと6
積み上げたもみの木はでこぼこしてます。
床も遊び心で貼っています。

杉にしても、もみにしても
幼稚園で使った無垢の木が
どこで採れて、どうやって製材されて、どのように乾燥させるのか
全て自分の目で見てきた事になります。
(ドイツには行ってませんが)

このような体験も設計者としては
大切な事だと思います。


建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

今年も日間賀島に行きました。

今年もお世話になっています会社の社員旅行に、同行させてもらいました。

社員旅行1
天竜下りです。浜松の天竜下りは廃止になってしまいましたが
ここは長野県の飯田の天竜下りです。
岐阜長良川下りや浜松の天竜下りに比べてかなりおとなしい感じです。

社員旅行4
天竜川の川上になります。
この水が流れ流れて遠い旅の末に遠州灘に注がれると思うと
何か感傷的になってしまいます。


社員旅行2
南下して常滑のINAXミュージアムにも行きました。


社員旅行3
そして今年も締めは、やはり日間賀島のかしき料理です。
今年も名物のしゃこの刺身もありました。

社員旅行
これまた名物のゆでたこです。
このままでは食べにくいので良い大きさに切ってくれました。

おいしかったのですが、さすがに3回目となると
感動の気持ちが薄れてきます。
贅沢言ってはいけませんが・・・



プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR