FC2ブログ

建築家相談会

、「こんな事もやっています。」の第二段
去る6月18日19日に 
お世話になっています清水の工務店の見学会に参加しました。

これが静岡新聞に出た広告です。
甲静ハウジング展示会3
新聞の力は絶大です。
左下に小さく建築家無料相談会として私の顔写真が載っています。
これを頼りに見学会に来て頂いたお客様もいらっしゃいました。
ありがたいことです。

佐鳴湖の見える家外観現る

佐鳴湖の見える家の足場ネットがはずされ
外観の全貌が見えてきました。

佐鳴湖の見える家外観ネット1


佐鳴湖の見える家外観ネット2
外壁上部が断熱塗壁、下部が能登ヒバ材です。
玄関は木製扉なのでまだ付いていません。
仮の戸締り用に木製パネルが張ってあります。

佐鳴湖の見える家外観ネット3
掃き出し窓の前にバルコニーが付きます。
これもこれからです。
屋根は平板の陶器瓦です。

バルコニーも木製(能登ヒバ材)なので、
取り付くと外観の印象も変わると思います。

後 御期待!

癒しの相棒

癒しの相棒シリーズ第二弾

相棒1-1
前回も登場した私の相棒のサンです。



サン寝姿2
凛々しさの欠けるシェパードです。
ちょっと間抜けな顔です。


サン寝姿1
ここまで来ると、凛々しさのかけらもありません。
隙だらけでマイベッドで眠っています。
これぞ癒しです。見ているだけで癒されます。
うちのは警察犬ではなく、癒し犬なのです。
思い出しました。



サン寝姿4
生後2ヶ月で、既に同じ事をしていました。
ついでに

サン寝姿3
生後2ヶ月の顔です。

早いものでもうすぐ8才になります。

白雲亭ついに完成

白雲亭が完成しました。

白雲亭完成外観1
南側外観、軒の出が1m5cm、妻側の出が90cmあるので、
どっしりと風格があります。
間口20m、奥行き9.5mあります。

白雲亭完成外観4
北側外観、腰壁、面格子とも私の中では最長不倒です。
妥協しないで徹底した結果です。
北側でも手抜きなしです。

白雲亭完成外観3
東側外観、槙の木の緑と良くマッチしています。
妻側の窓より、LDKに朝日が降り注ぎます。


白雲亭完成内観1
玄関ホールです。
天井にも遊び心がみえます。


白雲亭完成内観2
階段ホールの吹抜けです。
旅館のようにも見えます。


白雲亭完成内観3
LDKです。
丸太の梁が迫力あります。奥に薪ストーブが見えます。
朝日が降り注ぐ妻側の窓がここに付いています。



仮住まいのリフォームから始まり、
解体から新築と、かれこれ1年近く掛ってやっと完成しました。

やっぱり家造りは長い長いお付き合いです。
もちろんこれからも、この家を見守っていく事になります。
一生のお付き合いとなっていきます。

白雲亭これからも
宜しくお願い致します。




佐鳴湖の見える家大工完了間近

佐鳴湖の見える家もそろそろ大工工事の終わりが見えてきました。

佐鳴湖の見える家風呂下地1
風呂の壁の木が張り終りました。
窓枠をしっかり固定できるように、木で突っ張って仮押さえをしています。
樹種は青森ヒバです。下部はタイルを張る下地の杉板です。


佐鳴湖の見える家トイレカウンター1
トイレのカウンターと腰壁です。
樹種はカウンターは、やなぎの板で腰壁は高野槙(コウヤマキ)です。


佐鳴湖の見える家キッチンカウンター1
キッチン前のカウンターが付きました。カウンタートップはタイルを張ります。
腰壁はモミの木です。


佐鳴湖の見える家キッチンダクト1
キッチン換気扇用のダクトが見えています。

内部の造作が続々と完成して
いよいよ、大工工事の終わりが見えてきました。

大阪旅行

ある工務店の旅行に参加して来ました。

大阪城に行きました。
大河ドラマ「お江」人気か
平日にも係わらず
修学旅行や遠足の学生、児童で
結構賑わっています。

旅行大阪1

お城撮らずに、こんなの撮ってました。
微笑ましいですね。


やっぱり建築家ですから、
こんなのも

旅行大阪3

旅行大阪4

どこだか解りますか?

梅田スカイビルの空中庭園展望台より
エスカレーターブリッジを撮っています。
地上173mから撮っています。

建築家 原広司も好き勝手やっているという感じですかね。
どうやってクライアントを説得するとこんなのが実現できるんだ。
それがすごいですね。
これを実現する構造設計事務所もすごいですね。



宿は有馬温泉です。
お土産買いました。

ちょっとふざけてますかね?
旅行大阪5
なぜにAKBなのか、
どうもこの旅館のCMに出たようですが。
これを買っている私は
まさに「秋元康マジック」に引っかかっている様なものですね。
中には喜んでくれるお客様のお子さんもいると思って買っています。

でも総選挙上位のメンバーが見当たらないのはなぜか。
まあどうでも良いですけど。。。

旅行、少々疲れましたが、明日からがんばります。

薪ストーブ

振り返れば、
ここ何年かの工事において、
薪ストーブ装着率が5割を超えています。
良く考えれば、これはかなりの確立です。

白雲亭薪ストーブ1

白雲亭もやはり薪ストーブがあります。
先日、火入れ式が行われました。
柔らかな温かさが気持ち良いです。
炎を見ているだけで、気持ちが和みます。
視覚でも楽しめ、なべを上に置いて料理もでき、
暖める機能以外にいくつもの楽しみ方ができるのが
薪ストーブの良いところです。

じつは私の家も薪ストーブが付いています。
もう付けて15年経ちます。
当時は暖炉がある家はほとんどありませんでした。
我が家の夜の暖房は15年ほとんどこれだけでまかなって来ました。

高価な買い物ですが、
費用対効果は十分あります。
特に吹抜けや大空間がある家には
おすすめです。
エアコンやファンヒーターでは
この気持ちよさは味わえません。
もちろん電気代もかかりません。

但し薪は自分で調達できないと
高いものになってしまいます。

東日本大震災の復興に流された材木を薪にして
ネットで売り出しています。
これを買うのも一つの復興支援になりますね。

三方原ボックスの近況報告です。

サッシが付いて外観の輪郭が判る様になって来ました。
外壁は下地の段階です。
西風、西日が強い三方原ですから、西側は極力窓をなくしています。
実際にほとんど窓はありません。

三方原ボックス外観1
西立面

三方原ボックス外観2
南西から見たところ。

斜めの袖壁のラインがシンプルモダンを際立たせます。
バルコニーは浮いた感じに見せる様にデザインしました。(ブルーシートでよく見えませんが)
南に廻ると窓がたくさん現れます。(当然ですが)

三方原ボックス外観3
東立面
スリット状の窓が縦ラインを強調するように配置しました。
東も意外と窓が少ないです。

それでも室内はかなり明るいのは、
これから追い追い種明かししていきますので、
楽しみにしていて下さい。

今日は私の相棒を紹介します。
一人目は

相棒1-1

ジューマンシェパード、7歳半、体重約33キロのメスです。名前はサンです。

相棒1-1-2

良く災害人命救助や、麻薬捜査の時に登場します。
しかし我が家のシェパードはこんなに隙だらけの
おっとり顔です。

捜査の役にはたちませんが、
私には、最高の癒し犬です。
今まで登場しませんでしたが
これから、時々登場します。
ヨロシクね。

もう一人の相棒も紹介します。

相棒1-2-1

2歳になるウサギ。名前はパフェです。体重約2キロのメスです。
こちらも世の中の何の役にもたちませんが、毎日癒してもらっています。
我が家にとってはとても大事な存在です。

相棒1-2-2

かわいいでしょ。
こちらも初登場ですが、
これから時々出てくると思います。

生物がいかに人間を癒してくれるかが
これからの登場で理解できると思います。

後、御期待!
プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR