FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄骨基礎と木造住宅基礎の違い

先日、私の現場で同じ日に基礎コンクリート打設工事がありました。

こちらが、見たこともあるかもしれませんが
木造住宅の基礎の立上りのコンクリート打設工事です。

森の中の幼稚園基礎1
基礎全体はベタ基礎で完了済みです。
今回は立上りを打ちます。
型枠は金属板です。

森の中の幼稚園基礎2
コンクリートミキサー車に横付けしたポンプ車よりホースが伸びています。

森の中の幼稚園基礎3
こんな感じでコンクリートを打っていきます。


一方、鉄骨基礎
(森の中の幼稚園の基礎です。)

森の中の幼稚園基礎9
ミキサー車、ポンプ車、ホースとここまでは同じです。

森の中の幼稚園基礎6
打設前にミキサー車から生コンを抜き取り試験します。
幼稚園など公共的工事では
コンクリート材の試験を現場で行います
材料が指定の割合や強度、水量になっているかを試験、検査して証明します。

森の中の幼稚園基礎7
こちらは地中梁なので、住宅の立上りとは大きさが違います。

森の中の幼稚園基礎8
コンクリートの量や鉄筋の量は全然違いますが
人間がやっていることは、ほぼ同じです。

なぜ住宅基礎も試験をしないのかというと
生コン会社から出荷証明書が発行されていますから
それを見ればチェックできます。

でもそれを改ざんできないように
幼稚園のような大規模工事では現場でやって、立ち会って確認します。
住宅でもやれますが、
経費の問題でやっているところはなかなか無いと思われます。

つまるところ
施工工務店の信頼で成り立っています
だから工務店選びは大事になります。
どの工務店ならば信頼が置けるかをアドバイスするのも
設計事務所の仕事になります。


※写真はお客様の許可を得た上でアップしています。



建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章
ホームページhttp://www.ms-design.jp/
スポンサーサイト

森の中の幼稚園解体工事始まりました

森の中の幼稚園一期工事が終了して、園児もお引越しが終わり、
今までの園舎の解体工事が始まりました。

森の中の幼稚園解体1
お世話になった園舎ともお別れです。
昭和42年建造、45年間ご苦労様でした

森の中の幼稚園解体2
来る東海地震に耐えうる為には建て直すしかありませんでした。
この写真を見ると丈夫そうに見えますが
しかたありません。


森の中の幼稚園解体3
2期工事の遊戯室棟の工事も始まりました。

森の中の幼稚園解体4
遊戯室棟は平屋建てですが、それでもこんな大きな基礎工事になります。

今の耐震基準にすると、これくらいの基礎になるのです。

※写真はお客様の許可を得た上でアップしています。


建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章
ホームページhttp://www.ms-design.jp/

外構ができると建物が引き立ちます

10月1日のブログで、完成した西山の家の外観をアップしました。
西山の家完成外観3
その時の写真です。




そしてこちらが今の外観です。
西山の家外構完成1
外構工事が完了しました。
植栽がいい感じに道路からの視線を遮ってくれています。

西山の家外構完成2
玄関アプローチが出来上がりました。
玄関に奥行きが出ました。

西山の家外構完成4
植栽が建物を引き立て、建物が植栽を引き立て、相乗効果を生んでいます。
やっぱり建築は外構が完成して初めて完成と言えるのではないでしょうか?


※写真はお客様の許可を得た上でアップしています。


建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章
ホームページhttp://www.ms-design.jp/

空をつかむ家外壁、階段進んでます

しばらくアップしていなかった空をつかむ家の工事もどんどん進んでいます。

空をつかむ家外壁工事1

外壁の塗り壁工事が進んでいます。

空をつかむ家外壁工事2

玄関ポーチの軒天井は杉板張りです。
もちろん大屋根の軒天井も全て杉板張りです。
木の色と外壁の白のコントラストが美しいです。

白の壁だと汚れが目立つと思うかも知れませんが
この塗り壁材は汚れが付きにくい材料を使用しています。


空をつかむ家階段工事1
廻り階段、これも無垢の杉板で造ります。
現場で大工さんが墨付け、刻み、組み立てていきます。


空をつかむ家階段工事2


空をつかむ家階段工事3

以前のブログでも書きましたが
今の住宅はほとんど工場で刻まれてきますので
現場は組立てるだけです。
早いし、ゴミも出ないし、いい事尽くめです。
でもこんな階段、自分で全部できる大工さんがいなくなってしまいますよ。
無垢の材料は機械で刻めませんから
無垢の階段は消える運命にあるのでしょうか

※全ての写真はお客様の許可を得た上でアップしています。




建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章
ホームページhttp://www.ms-design.jp/

干し柿

今日は現場の話ではなく
秋の風物詩の干し柿のはなしです。
誰が植えたわけでもないのに(おそらく鳥の仕業と思われます)
勝手に我家の庭に、柿の木が育ちました。
今年は生り年でいっぱい実りました。
食べてみると残念ながら渋柿でした。

干し柿1
という訳で家内が干し柿にしてくれました。
小さい頃はよく縁側の軒先で見かける風景でしたが
最近はあまり見たことがありません。
秋の風物詩からはだんだん消えていくのでしょうか?

干し柿2
手前の柿はだいぶ干し柿らしくなってきました。


干し柿3
実を全部採ってしまった後の柿の木です。
心なしか寂しそうに見えるのは、写真の撮り方のせいでしょうか?
そろそろ秋から冬に季節が移っていきます。
プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。