FC2ブログ

Lの字ハウス基礎工事完了しました

だいぶ間が開きましたが
Lの字ハウスの基礎工事が完了しました。

Lの字ハウス基礎完了1
基礎の下地のコンクリート打ちが完了しました。

Lの字ハウス基礎完了2
鉄骨柱を支える足元のボルトをセットします。

Lの字ハウス基礎完了3
鉄骨柱の基礎の鉄筋組み方の始まりです。


Lの字ハウス基礎完了4
柱と梁の鉄筋の組み方が終わりました。

Lの字ハウス基礎完了5
コンクリートを流し込むための型枠組が完了しました。

Lの字ハウス基礎工事完了6
コンクリートを流し込みました。

Lの字ハウス基礎工事完了7
全体の様子です。

Lの字ハウス基礎工事完了8
コンクリートが固まり型枠を取り除いたところです。

まとめてアップしましたが
この間約3週間要しています。
進行具合が良く解る様に
出来るだけ同じアングルで撮影しました。

鉄骨の基礎は施工に時間がかかります。
そのことが少しは理解できると思います。

後は鉄骨の建て方を待つばかりですが
上棟日は12月15日なのでかれこれまだ3週間あります。

ご期待下さい。

※全ての写真はお客様の許可を得た上でアップしています。

建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章

家族で庭に釜を作りました

我が家には、現場で使わなくなったふるい瓦がいっぱいあります。
あるブログで
被災地に届いて。瓦のキッチンストーブの作り方という内容の事が書いてありました。
このブログを見て、我が家でも
震災に備えて庭で炊き出しが出来るように
瓦を使って釜を作ることにしました。

工具無し、老若男女、誰でも造れる調理道具として紹介されています。

娘が久しぶりに家に帰ってきたので
家族で一緒に共同作業で
釜を作ることにしました。


釜作り1
庭の一角に設置場所を決めて始めます。
まずはコンクリートブロックを敷きます。
石でも良いのですが、水平をしっかり出すためにブロックを使いました。

釜作り2
最初の瓦を置きました。
瓦の甍が安定するように石を間に置きます。


釜作り3
瓦を積み始めました。
空気穴を確保してから上積みしていきます。

釜作り4
もうすぐ完成です。

釜作り5
煮炊き用のなべが安定して置ける場所を作ります。

釜作り6
完成して、いよいよ火入れ式です。

釜作り7
うまい具合に火がつきました。

釜作り8
いい感じになべが煮えています。

釜作り9
これで震災が起こっても、庭で煮炊きが出来ます。保存用の水を使えば、薪は薪ストーブ用がありますし
我が家の庭が避難場所になっても
何とかご飯が炊けます。ご近所の方に利用してもらえればいいのですが。

今のところは我が家のカレーやおでんの煮炊きなどに使うことになりそうですが。

廃材利用で簡単にできます。
まだまだ我が家には古い瓦がいっぱい余っています。

どなたかほしければあげますよ。
自分で取りに来て頂ければ。

建築のご相談お問い合わせをお受けします
お問い合わせフォーム
ロゴ
エムエスデザイン設計一級建築士事務所
〒434-0045 静岡県浜松市浜北区内野台4-7-8 伊藤雅章
プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR