FC2ブログ

ハウスメーカーが絶対にユニット以外の風呂にしない訳

ハウスメーカーが絶対にユニットバスしか作らない訳を知っていますか?

オーダーメイドで造成して作るお風呂を紹介します。

こだわり風呂2
まず、大工さんが壁と天井に木を貼ります。丁寧に一枚一枚貼ります。大工さんの腕の見せ所です。
そしてタイル下地の木も貼ります。


こだわり風呂3
タイル下地のモルタルを塗り、排水と浴槽据付の下ごしらえをします。

こだわり風呂4
浴槽を据え付けます。水栓カウンターの造成、下ごしらえをします。

こだわり風呂5
腰壁と床のタイルを貼ります。タイル職人の腕の見せ所です。

こだわり風呂1
水栓金具、鏡、照明、換気扇、シャワー、タオル掛けを取付けて完成します。

壁と天井と窓枠の木は青森ヒバ(水には最も強い樹種です。しかも国産ヒバです。)
タイルはサーモタイル(断熱性能の高いタイルです。)

ユニットバスなら一日でこれら全ての工程が終わります。
もうハウスメーカーがなぜユニットしかやらないかお分かりでしょう。

造成で風呂を作るのは、大変手間ひま時間が掛かります。
その為の、職人や材料の準備や手配、段取り、施工管理と
かなりめんどくさいです。
タイルや浴槽などお客様と決める事も山ほどあります。
ユニットならショールームの女性が皆代わりにやってくれます。
電話一本で全ての手配も仕様決めも済んでしまいます。
監督は現場に一度も行かなくても出来上がります。
それでも金額はごく標準クラスのユニットバスでも、
造成風呂より高くなります。

ユニットが全て悪いとは言いません。
いいところもたくさんあります。
お客様の希望ならもちろん良いと思います。

問題は、このような風呂がほしいというお客様に対しても、
木はかびるとか、手入れが大変とか、寒いとか言って
無理やりやめさせてしまうのが問題だと思います。
本当はめんどくさくて、生産性が悪く、儲からないからやりたくないのです。

青森ヒバを使い、サーモタイルを使い、水がよくかかる所はタイルにして、
いろいろ弱点を克服しています。
工夫と手間ひま惜しまない努力があればできます。

皆さんはどう思いますか?










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR