FC2ブログ

長い長いお付き合い

このところ、たまたま上棟が続いていますが、
偶然重なってしまいました。

馬込川沿いの家は、最初にお話を頂いて
土地を調べたのが、平成21年の2月です。
土地の検討、分筆検討などがあり
最初にプランを提出したのが平成22年の6月です。
子供さんの入学時期や分筆の立会いや登記などがあり
それから約一年後にやっと上棟を迎えました。


三方原ボックスの家は、
お話を頂き、最初にプランを提出したのが
やはり平成22年の6月です。
農地転用などの許可に時間が掛かり、やっと着工ができるようになり
ちょうど一年後に上棟となりました。

佐鳴湖の見える家は、
この中では一番最後にお話を頂き
一番最初に上棟となりました。
それは土地がすぐ建てても良い状態だったからに他なりません。

家の計画に時間が掛かると言うよりも
土地の関係でなかなか着工できなかったのが
主な原因です。

これから3~5ヶ月掛けてそれぞれ完成します。
その後も、もちろんずっとお付き合いは続きます。

家は建てたら終わりではありません。
むしろここから真のお付き合いが始まります。
家にはメンテナンスが付き物ですから。

長い長いお付き合いは、
お互いの強い信頼関係がないと、築いてはいけないと思います。

大手ハウスメーカーのように、
担当者がいつの間にかいなくなってしまったり、
自分の家を建ててくれた大工さんが解らなくて、
全く初対面の人がメンテナンスに来て
本当に安心と信頼が築けるのでしょうか?

私ははなはだ疑問です。
やっぱり、実際に建ててくれた大工さんが
メンテに来てくれると
安心だとは思いませんか?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MSあるじ

Author:MSあるじ
建築設計事務所の主です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR